大学ダンスサークル日本一決定戦『JDC』の冠スポンサーに『TikTok』が決定! 今年は渋谷の駅をジャックした広告も実施し、話題必至!!

design

 

毎年2月に行われ、多くの大学生が出場する大学ダンスサークルの日本一を決める大会『Japan Dancers’ Championship』(通称JDC)の冠スポンサーに、若者に人気なショートムービーアプリ『TikTok』が決定しました。

 

本大会は次回で5年目となり、年々出場者数が増加中。今年度は約3000人の大学生が出場する予定となっております。大阪予選、東京予選をそれぞれZepp Namba、Zepp Tokyoで行い、勝ち上がった12校でFAINALをZepp DiverCityで行います。優勝したサークルには賞金として30万円。2位には20万円、3位には10万円が贈られます。

 

そんな記念すべき5周年の今回、冠スポンサーにTikTokが決まりました。予選の組み合わせやパフォーマンスの出場順をTikTokで決定。TikTok内に出場するサークルそれぞれの公式アカウントを作り、投票企画を行います。投票期間はそれぞれ、大阪予選が12月3日〜9日、東京予選が1月14日〜20日。昨年度同様の企画をTwitterのリツイートで行ったところ、1.2万以上のリツイートが集まった実績からも、本大会もこのTikTokでの投票企画への盛り上がりが期待されます。また大会に合わせて、ガチダンス選手権をTikTok内でも開催。11月1日〜1月31日の期間中、「#ガチダンス選手権」で投稿したアカウントの中から金賞,銀賞,銅賞がそれぞれ選出され、2月14日のイベントのFAINALで表彰されます。こちらも賞金として15万円、10万円、5万円が贈られるので、多くの学生の参加が期待されています。

 

また、5周年を記念して大会直前に渋谷駅の交通広告をジャック。出場するサークルのそれぞれのビジュアルが若者の街渋谷駅一面に掲載されるということで、学生の中で確実に話題になりそうです。益々盛り上がりを見せるこの大学ダンスシーンから、今後も目が離せません。

 

【大会スケジュール】

HP:http://vintom.co.jp/jdc2019/

大阪予選:12月23日@Zepp Namba

東京予選:2月7日@Zepp Tokyo

FAINAL:2月14日@Zepp DiverCity

 

【TikTok × Japn Dancers’Championship】

design

 

【Japan Dancers’Championshipとは】

日本の大学ダンスサークルの頂点を決める大会です。毎年2月に開催され、全国から沢山の大学生が頂点を目指して集結します。優勝したサークルには翌年1000人を超える入部希望者が集まったり、YouTubeでは10万を超える動画も存在するほど、影響力のある大会となっております。近年のダンスブームにより、益々人口の増える大学ダンス市場ですが、パフォーマンスする場が少なく、他のスポーツと比べて環境が整っていないのが現状です。そんな中、ダンスに熱を燃やす学生が、仲間と共に夢を叶える場所となるよう、様々なコンテンツを用意しているので、是非会場に来て、大学ダンスの熱量を肌で感じてください。

 

【TikTokとは】

TikTokは、ショートフォームのモバイル向けビデオに最適なアプリです。我々のミッションは、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、その時に起きた瞬間を捉えて届けることにあります。TikTokは誰もがクリエイターになることを可能にし、自分たちのビデオを通じてクリエイティブな表現と情熱をシェアしてもらえることを手助けします。TikTokは、ロサンゼルス、ロンドン、東京、ソウル、上海、北京、シンガポール、ジャカルタ、ムンバイ、モスクワ等にオフィスを展開します。2018年はじめにはTikTokは世界で最もダウンロードされたアプリの一つとなりました。TikTokのアプリはApp Storeまたは Google Playストアを通じて入手できます。TikTokについての詳細はtiktok.comをご覧ください。

 

イベントページはこちら